Google Analytics(グーグルアナリティクス)の設置方法

Google Analytics(グーグルアナリティクス)の設置方法

Google Analytics(グーグルアナリティクス)はその名の通りGoogleが提供する無料のアクセス解析ツールです。この記事ではトラッキングコードを取得してサイトに導入するまでの方法を、実際の画像とともにご紹介します。

Google Analyticsとは

Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。設置することでサイトのアクセス数をはじめ、ユニークユーザー数、PV(ページビュー)数、1訪問者あたりのPV数、平均滞在時間、直帰率、アクセス後の行動などの様々なデータを知ることができます。

また、サイトユーザーの使用している言語とその割合、国や地域、使用しているブラウザやOSなども知ることができ、さらにアドワーズ広告を利用している場合はその費用対効果も計測してくれるという優れモノ。

アクセス数を知るだけでもサイトやブログを運営していくモチベーションにつながりますので、ある程度しっかりとサイトを運営して行こうという方は導入をおすすめします。

Googleアカウントの作成

Google Analyticsを使用するためにはGoogleアカウントが必要です。Googleアカウントの取得方法については下記のページをご覧ください。

Googleアカウントの作成方法

Google Analyticsの申込み

まずはGoogle Analyticsのページにアクセスします。あらかじめGoogleアカウントにログインしておいてもいいですし、途中で出てくるログイン画面でログインしても構いません。

http://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

アカウントを作成

Google-アナリティクス公式サイト

上のような画面が開きますので「アカウントを作成」をクリックします。

Google Analytics

ログインしていない方はログイン画面が開きますのでログインして下さい。

ログインすると上の画面が表示されますので「お申し込み」ボタンをクリックします。

Google Analytics 1

必要事項を入力します。

トラッキングの対象:対象がウェブサイトなのかモバイルアプリなのか選択します。ここではウェブサイトを選択して進めていきます。

  1. アカウント名
  2. 今回作成するGoogle Analyticsのアカウント名を入力します。
    Google Analyticsではアカウントの中に複数のプロパティを作成することができます。後から追加することもできますが、わかり易い名前にしておけばいいでしょう。

  3. ウェブサイト名
  4. アクセス解析したいウェブサイト名を入力します。

  5. ウェブサイトのURL
  6. アクセス解析したいウェブサイトのURLを入力します。

  7. 業種
  8. ウェブサイトの業種を選択します。

  9. レポートのタイムゾーン
  10. 自分の住んでいる国を選択しましょう。

データ共有設定

チェックを入れておくとAdWordsやAdSenseなどのGoogleの他のサービスや、別の企業のサービスをデータを共有することができます。

必要項目の入力が完了したら「トラッキングIDを取得」をクリックします。

Google-Analytics利用規約

※画像では謝って「アメリカ合衆国」を選択してしまいました(汗)

自分の住んでいる国を選択して利用規約をよく読み、同意できる場合は「同意する」をクリックしましょう。これでGoogle Analyticsの申し込みは完了です。

トラッキングコードの貼り付け

Google Analytics (1)

上記の通り進めてくると下記のような画面が表示されます。

ページをスクロールするとGoogle Analyticsのトラッキングコードが表示されています。

Google Analytics (2)

このコードをコピーしてアクセス解析を行いたい全てのページの<head>~</head>内に貼り付けます。

例えばWordPressなら外観→テーマ編集→header.phpの</head>タグの直前に貼り付ければOKです。

下記は実際に貼り付けてみた図。

tracking code

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Webサイト運営 投稿日:

最終更新日: 2014年8月5日

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。