Google IME での文字入力や変換が重い、遅い場合の原因と対処法

Google IME での文字入力や変換が重い、遅い場合の原因と対処法

私は普段Google IMEという文字入力サポートソフトを使用しているのですが、最近いつからか入力した文字の表示や変換が遅くなり、backspaceキーによる消去が引っかかるような感じで重くなってしまいました。このままでは文章を書くこともままならないため解決法を調べてみました。

※Google IMEはWindowsやMacの標準IMEソフトではありません。Windowsをお使いの方でIMEソフトを特にいじっていない場合で同様の症状が発生している方は下記の記事をご参照下さい。

Windows10の文字入力や変換が遅い、重い時の原因と対処法

症状

文字を打っても表示までに数秒かかる、変換に何秒もかかる、backspaceキーでも字を消去しても引っかかるような感じで遅れて反映されるというもの。

この状態では文章を入力していても「自分が打ち込んでいる部分」と「画面に表示される部分」に時間差があるため使いづらいうえに打ち間違いの原因にもなり、漢字変換する際も誤変換がないか数秒待つ必要があります。文字を消すにも時間差があるため消しすぎたりしてしまいます。

原因と対処法

調べても最初はこれといったものが見当たらず、数年前の記事でしたが「Google IME と Microsoft IME は競合している」というものがいくつかあったため、Microsoft IMEを消去してみたところすっきり解消しました。

以下はMicrosoft IMEの削除方法です。

google_ime_slow1

コントロールパネル → 時計、言語、および地域 → 言語 → 言語のオプションを開き、「入力方式」の項にある「Microsoft IME」の右にある「削除」をクリックします。

google_ime_slow2

項目から「Microsoft IME」がなくなるので「保存」をクリック。その後パソコンを再起動すると症状がすっきり改善しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Webサービス 投稿日:

最終更新日: 2017年3月20日

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。