Googleアナリティクスから自分のアクセスを除外する2つの方法

Googleアナリティクスから自分のアクセスを除外する2つの方法

Googleアナリティクスはサイト運営者にとって必須とも言える、重要なアクセス解析ツールですが、収集したデータに自分のアクセスが含まれていては正確なデータを知ることができません。導入の際は必ず自分自身のアクセスを除外しておきましょう。

1.フィルタ機能でIPアドレスを指定して除外する方法

Googleアナリティクスにはフィルタ機能というものがあり、IPアドレス(コンピュータや通信機器1台1台に割り振られた識別番号)やホスト名などを指定するとそのアクセスを除外することができます。

ただしこの方法は、毎回同じIPアドレスでインターネットに接続する「固定IP」の場合には有効ですが、「変動IP」では接続の度に異なるIPアドレスが割り当てられるため、うまくアクセスを除外することができません。

そのため変動IPの方はもう一つの方法を使用することをおすすめします。

自分のIPアドレスを調べるには下記のサイトが便利です。ルーターを再起動してもIPアドレスが変わらなければ固定IP、変わる場合は変動IPです。会社の場合はネットワーク管理責任者に確認すれば教えてもらえると思います。

http://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

ではIPアドレスを指定して除外する方法を解説していきます。

google_analytics_exclusion_setting

まずはGoogleアナリティクスにログインして「アナリティクス設定」をクリックします。

google_analytics_exclusion_filter

次に、ビューの「フィルタ」またはアカウントの「全てのフィルタ」をクリックします。

google_analytics_exclusion_newfilterr

「新しいフィルタ」をクリック。

google_analytics_exclusion_addfilter
  1. 任意のフィルタ名を入力します
  2. 「IPアドレスからのトラフィック」を選択
  3. 自分など除外したいIPアドレスを入力します
  4. 入力が完了したら「保存」をクリックします
google_analytics_exclusion_complete

以上でフィルタの設定は完了です。設定後はちゃんと自分のアクセスが除外されているかどうか、実際にページにアクセスして確認しましょう。

2.Google Analytics オプトアウト アドオンを使う方法

Googleアナリティクスのデータ収集用JavaScriptを無効化してくれるプラグインです。こちらは変動IPの方でも問題なく自分のアクセスを除外することができますが、ブラウザごとにインストールが必要なため、会社や組織などのアクセスを全て除外するには効率的ではありません。

対応ブラウザは現在IE8~11、Google Chrome、Firefox、Safari、Operaとなっています。私のブラウザがGoogle Chromeなのでこの記事ではGoogle Chromeにインストールする際の手順で説明しています。

インストール方法ですが、まずは下記のページにアクセスします。

https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

google_analytics_exclusion_addon

「Google Analytics オプトアウト アドオンをダウンロード」をクリック。

google_analytics_exclusion_addon1

インストールページにジャンプするので「+ 無料」ボタンをクリック。

google_analytics_exclusion_addon2

左のチェックボックスにチェックを入れ、「追加」をクリックします。これでインストールは完了です。自動的に有効化されると思いますが、念のためチェックしておきましょう。

chrome_tool

Chromeの場合は右上のメニューボタンからツール→拡張機能をクリックします。

google_analytics_exclusion_addon3

上記のように「有効」のチェックボックスにチェックが入っていればOKです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Webサイト運営 投稿日:

最終更新日: 2014年8月5日

Googleアナリティクスから自分のアクセスを除外する2つの方法」への2件のフィードバック

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。