Webブラウザのキャッシュをクリアする方法

Webブラウザのキャッシュをクリアする方法

閲覧したWebサイトなどのデータを一時的に保管しておくことでページの読み込みを素早くしてくれるなど、普段は便利なキャッシュ機能ですが、溜まり過ぎるとブラウザの動作に不具合を生じたり、更新された内容が反映されず過去のデータが読み込まれてしまうなどのデメリットもあります。

そのためキャッシュは定期的にクリア(削除)した方がより快適にWebブラウザを使用することができます。

目次

Internet Explorer 11

browser_cashclear1

右上の歯車アイコンから「インターネット オプション」をクリック。

browser_cashclear2

「閲覧の履歴」の項にある「削除」をクリックします。

browser_cashclear3

削除する項目を選択して「削除」をクリックします。Cookieを削除したくない場合は「クッキーとWeb サイトデータ」の項のチェックを外します。

Google Chrome

browser_cashclear4

右上のメニューアイコンをクリックし、「履歴」を選びます。

browser_cashclear5

「閲覧履歴データの消去」をクリック。

browser_cashclear6

消去する項目を選択して「消去」をクリックします。Cookieを消去したくない場合は「Cookieなどのサイトデータやプラグインデータ」の項のチェックを外しておきます。

Mozilla Firefox 37.0

browser_cashclear7

右上のメニューアイコンから「オプション」をクリック。

browser_cashclear8

「詳細」 → 「ネットワーク」の「キャッシュされたWebページ」の項にある「今すぐ消去」をクリック。

browser_cashclear9

上記のようにWebページのキャッシュディスク使用量が「0bytes」になればキャッシュクリア完了です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Webサービス 投稿日:

最終更新日: 2015年12月31日

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。