git commit コマンドでファイルの変更内容をローカルリポジトリにコミット(記録)する方法

git commit コマンドでファイルの変更内容をローカルリポジトリにコミット(記録)する方法

Gitコマンドの一つ、git commit はステージングエリアにあるファイルの変更内容をローカルリポジトリに記録するコマンドです。Gitを使う上で最も基本的なコマンドの一つですので初心者の方は覚えておきましょう。オプションも便利なものが多いので覚えておいて損はありません。

目次

git commitとは

Gitで変更履歴を保存する流れは下記のようになります。

作業ディレクトリ
↓ git add
ステージングエリア
git commit
ローカルリポジトリ
↓ git push
リモートリポジトリ

このうちファイルの変更内容をステージングエリアからローカルリポジトリに追加するコマンドが git commit です。

git commitの使い方

実際に git commit コマンドを使ってみましょう。

ローカルリポジトリを用意して sample.html というファイルをステージングエリアに追加しておきました。

git status コマンドで確認するとこのファイルがトラッキング状態であることがわかります。

git commit コマンドを実行して先ほどのファイルの追加をローカルリポジトリに記録してみます。

git commit -m "add sample"

これでローカルリポジトリにこのファイルの追加が記録されました。

git log コマンドを打つとコミットのログが確認できます。

git commitで使用可能なオプション

git commit コマンドにつけられるオプションには下記のようなものがあります。

変更したファイルを全てコミットする

git commit .

「git add -a」コマンドと「git commit」コマンドを1行でまとめて行うコマンドです。

ファイルの変更内容を全てステージングエリアに追加してコミットします。

特定のファイルを指定してコミットする

git commit ファイル名

ファイル名を指定してコミットすることができます。

コミットメッセージを付けてコミットする

git commit -m "コミットメッセージ"

上記ですでに使用しましたが、「-m」オプションを使うことでコミットメッセージを付けてコミットすることができます。

こうすることで過去のコミット確認した際、どういった変更内容をコミットしたのかわかりやすくなります。

直前のコミットメッセージを変更する

git commit --amend

入力するとvimが立ち上がり、直前のコミットメッセージを変更することができます。

git commit --amend -m "新しいコミットメッセージ"

「-m」オプションを合わせて使えばvimを開かずに変更することもできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Git 投稿日:

最終更新日: 2018年9月30日

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。