git clone コマンドでリポジトリを複製(クローン)する方法

git clone コマンドでリポジトリを複製(クローン)する方法

Gitコマンドの一つ、git clone はリポジトリの内容を丸ごと別のリポジトリに複製するコマンドです。新たに開発に加わる際にリモートリポジトリの内容を自分のローカルリポジトリに取り込む場合などに使います。

目次

git clone の使い方

実際に git clone コマンドを使ってみましょう。GitHubに用意したリモートリポジトリをローカルにクローンしてみます。

まずはGitHubで公開されている、クローンしたいリポジトリのページへアクセスします。

『Clone or download』をクリックするとリポジトリのアドレスが表示されるのでコピーしましょう。

GitBashでリポジトリをクローンするローカルのディレクトリへ移動し、下記のコマンドを実行します。

git clone [クローンしたいリポジトリのアドレス] [ディレクトリ]

指定したリモートリポジトリをローカルにクローンすることができました。

git clone で使用可能なオプション

git clone コマンドを実行するの際の指定方法とオプションには下記のようなものがあります。

直下にクローン

git clone [クローンしたいリポジトリのアドレス]

指定したディレクトリにクローン

git clone [クローンしたいリポジトリのアドレス] [ディレクトリ]

現在いるディレクトリ内のディレクトリを指定してリポジトリをクローンします。指定したディレクトリが存在しない場合は指定した名前のディレクトリを作成してリポジトリをクローンします。

クローンするブランチを指定する

git clone -b [ブランチ名] --single-branch [リモートリポジトリ名]

リモートの特定のブランチを指定してクローンします。

SSH通信でクローンする

git clone ssh://user@server/project.git

origin以外をcloneする

git clone -o [origin以外のリポジトリの名前] [リポジトリ]

ベアリポジトリとしてリポジトリをクローン

git clone --bare [リポジトリ]

リポジトリのミラーを作成する

git clone --mirror [リポジトリ]

リモートリポジトリの設定変更はできませんが、ローカルで同期したい時に便利です。

最新の履歴だけを取得する

git clone --depth 1 [リポジトリ]

ファイルを取得するケースなどで使います。このコピーから clone、fetch、 push することはできません。

サブモジュールを取得する

git clone --recursive [リポジトリ]

特定のブランチをワーキングツリーに展開する

git clone -b BRANCH https://example.com/repo.git
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Git 投稿日:

最終更新日: 2018年9月30日

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。