git branch コマンドでブランチを作成する方法

git branch コマンドでブランチを作成する方法

Gitコマンドの一つ、git branch はブランチを作成するためのコマンドです。他のブランチと完全に独立した履歴を保存するブランチは複数人での開発で威力を発揮し、新機能追加とバグ修正といった全く別々の作業を同時進行する際のトラブルを激減させます。

目次

ブランチ とは

英語で『枝』を意味するブランチはGitにおいてその言葉通り変更履歴の記録を枝分かれさせて保存していくためのものです。枝分かれさせたブランチは他のブランチに影響を与えることも与えられることもなく、完全に独立して履歴が保存されていくため複数人での開発で効果を発揮します。

一般的には master ブランチでメイン開発を行い、枝分かれさせた各ブランチで他の機能の開発を進めていき、最終的にはmasterブランチにマージ(合流)して1つのプロジェクトとします。

git branch の使い方

実際に git branch コマンドを使ってみましょう。まずは現在あるブランチの確認方法です。

Git Bashで下記のコマンドを実行します。

git branch

まだ新しいブランチを作成していないので master というブランチのみが表示されます。一般的にはこの masterブランチをメインに開発を進めていきます。

それでは実際にブランチを作成してみましょう。下記のコマンドを実行します。

git branch sub1

これで現在のリポジトリに sub1ブランチが追加されました。もう一度ブランチ一覧を確認してみましょう。

git branch

masterブランチの下に、追加したsub1ブランチが追加されています。masterブランチのみが緑色で表示され、左に*がついていますが、これは現在作業中のブランチを示しています。

作成したブランチに移動するには git checkout コマンドを使います。

git checkout sub1

もう一度ブランチ一覧を確認してみます。

sub1ブランチに移動できました。

git branch で使用可能なオプション

git branch コマンドにつけられるオプションには下記のようなものがあります。

ローカルブランチの一覧を表示する

git branch

全てのブランチ一覧を表示

git branch -a

登録されているリモートブランチを含む全てのブランチを表示します。

リモートブランチの一覧を表示する

git branch -r

HEADにマージ済みのブランチの一覧を表示する

git branch --merged

HEADにマージされていないブランチの一覧を表示する

git branch --no-merged

ブランチを作成する

git branch ブランチ名

指定したブランチを削除する

git branch -d ブランチ名

現在チェックアウトしているブランチ名を変更する

git branch -m 新しいブランチ名
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Git 投稿日:

最終更新日: 2018年9月30日

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。