.gitignore を使ってファイルをGitの管理下から外す方法

.gitignore を使ってファイルをGitの管理下から外す方法

.gitignore は特定のファイルやディレクトリをGitの管理下から外すためのファイルです。パスワードや環境変数など他人に知られたくないファイルや、metaデータ、コンパイルデータなどコミットしてしまうとファイルの変更履歴を管理しづらくなるファイルをGitの管理下から外すために使います。

目次

.gitignore とは

.gitignore は下記のようなファイルをGitの管理下から外したい時に使います。

  • パスワードなど他人に知られると良くないファイル
  • 環境変数など端末固有の情報
  • metaデータやコンパイルデータなど、コミットしてしまうと他のソースコードを探しづらくなってしまうファイル
  • その他セキュリティ上、共有することが望ましくないファイル

.gitignore の使い方

実際に .gitignore を使ってみましょう。

testリポジトリに sample.html というファイルを用意しました。

git status コマンドを実行してみてください。

git status

上記のようにファイルがアントラッキング状態であることがわかります。アントラッキング状態という表記なのでわかりにくいかもしれませんが、Gitコマンドで表示できるということはこのファイルがGitの管理下にあることを意味します。

ではこのファイルをGitの管理下から外してみましょう。

作業ディレクトリに「.gitignore」という名前のファイルを作成します。

Windows標準のメモ帳など一部のエディタでは拡張子のみのファイルは作成できません。拡張子のみのファイルを作成できるエディタを使用するか、ファイルをコピーして作成しましょう。

ファイル内に下記のように記述します。

sample.html

これで sample.html というファイルをGitの管理下から外すことができました。あらためてgit status コマンドを実行してみてください。

sample.htmlが表示されていないことがわかります。

.gitignore の書き方

.gitignore ファイルの中身の書き方です。

ファイルを指定する

ファイル名

指定したファイルをGitの管理下から外すことができます。

コメントをつける

# コメントです

文頭に # を付けるとその行はコメントとみなされます。

特定の拡張子を無視する

*.exe

フォルダ(ディレクトリ)を指定する

bin/
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Git 投稿日:

最終更新日: 2018年9月30日

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。