インストール済みの外国語版WordPressを日本語化する方法

インストール済みの外国語版WordPressを日本語化する方法

先日XAMPPとBitnamiでローカル環境にWordPressを設置したのですが、この方法では日本語版が選択できなかったため英語版をインストールしました。別の方法で日本語版を改めてインストールしてもいいのですが、せっかくなのでインストール済みのWordPressを日本語化してみました。

言語ファイルの追加

日本語の言語ファイルを追加します。まずはwp-contentディレクトリ以下に、言語ファイルを格納しておくためのlanguagesディレクトリを作成します。

japanization_language

次にWordPress 日本語ローカルサイトからWordPress 日本語版をダウンロードして解凍、下記のフォルダとファイルを先ほど作成したlanguagesフォルダに設置します。

WordPress 日本語ローカルサイト

japanization_jafiles

  • plugins
  • themes
  • admin-ja.mo
  • admin-ja.po
  • admin-network-ja.mo
  • admin-network-ja.po
  • continents-cities-ja.mo
  • continents-cities-ja.po
  • ja.mo
  • ja.po

WordPressの言語設定を変更する

WordPressファイル内にある「wp-config.php」というファイルで設定されている言語を変更します。XAMPPにWordPressを設置した方はxampp→apps→wordpress→htdocs内にあります。

japanization_wp_config

73行目あたりに下記の記述があるので

/**
 * WordPress Localized Language, defaults to English.
 *
 * Change this to localize WordPress. A corresponding MO file for the chosen
 * language must be installed to wp-content/languages. For example, install
 * de_DE.mo to wp-content/languages and set WPLANG to 'de_DE' to enable German
 * language support.
 */
define('WPLANG', '');

上記9行目の空になっている部分にjaと記入します。

define('WPLANG', 'ja');

WP Multibyte Patchの適用

ここまでで管理画面、トップページは下記のように日本語化されました。

japanization_admin

japanization_top

デフォルトの記事が英語で書かれていいるためトップページはわかりづらいですが、ちゃんと日本語化されています。

WordPress日本語版にデフォルトで入っているプラグイン、マルチバイトバッチも有効化しておいたほうがいいでしょう。プラグイン→新規追加で「WP Multibyte Patch」を検索。インストールして有効化するだけでOKです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: WordPress 投稿日:

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。