Windowsで隠しフォルダ、隠しファイルを表示する方法

Windowsで隠しフォルダ、隠しファイルを表示する方法

Windowsでは削除したり変更するとOSが正常に動作しなくなる危険性のあるフォルダやファイルを隠しフォルダ、隠しファイルとして、通常は表示されないように設定されています。しかしこれらの隠しフォルダ、隠しファイルを使用する必要がある場合は当然ですが表示させなければ使用することができません。

Windows7の場合

windows7-hiddenfolder1

スタートボタン→ドキュメントなどから何でもいいのでフォルダを開き、ツールバーにある「整理」→「フォルダと検索のオプション」をクリックします。

windows7-hiddenfolder2

フォルダオプションの「表示」を選択し、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れ、「適用」をクリックします。これで隠しフォルダ、隠しファイルが表示されるようになりました。

Windows8の場合

windows8-hiddenfolder

Windows8の場合もスタートボタン→ユーザー名のフォルダなどから何でもいいのでフォルダを開きます。

こちらは操作がより簡単になっており、上部ツールバーの「表示」→「隠しファイル」にチェックを入れればOKです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Windows・PC 投稿日:

最終更新日: 2018年8月24日

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。