Pythonでの計算(演算処理)の仕方と代数演算子の種類

Pythonや他のプログラミング言語では電卓と同じように数値の計算をすることができます。単純な計算を行うためだけにプログラムを使うことはないかもしれませんが、Pythonの基本的な使い方(書き方)を覚えるには最適です。

目次

Pythonでの数値計算の書き方

Pythonde基本的な数値計算をするためには次のように、数値と数値を代入演算子でつなぎます。

1 + 1 # 足し算
1 - 1 # 引き算
1 * 1 # 掛け算
1 / 1 # 割り算

計算結果は戻り値(返り値)となるのでprint関数で出力したり、変数に代入して結果を使用しましょう。

print(1 + 1) # 標準出力
x = 1 + 1 # 変数に代入

代数演算子の種類

処理 記号名 代数演算子
加算(足し算) プラス +
減算(引き算) マイナス
乗算(かけ算) アスタリスク *
除算(割り算) スラッシュ /
切り捨て除算 スラッシュ2つ //
剰余 パーセント %
べき乗 アスタリスク2つ **

色々な計算をしてみましょう。

print(2 + 3) # 足し算
print(2 - 3) # 引き算
print(2 * 3) # かけ算
print(2 / 3) # わり算
print(2 // 3) # 切り捨て除算
print(2 % 3) # 剰余
print(2 **3) # べき乗

実行結果は次のようになります。

5
-1
6
0.6666666666666666
0
2
8
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Python3 投稿日:

最終更新日: 2019年11月2日

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。