WordPressなどのブログにTwitterのタイムラインを埋め込む方法

WordPressなどのブログにTwitterのタイムラインを埋め込む方法

執筆者のキャラを売りにしたブログやユーザーとのやり取りを行うサイトでは、管理者のTwitterをブログに載せておきたい場合があります。ここではWordPressブログを例としてTwitterのタイムラインを埋め込む方法をご紹介します。

1.Twitterの埋め込みコードを取得する

wordpress_twitter1

まずはTwitterにログインし、ページ右上のボタンをクリック、その中の「設定」をクリックします。

wordpress_twitter2

左側のメニューバーから「ウィジェット」を選択し、「新規作成」をクリック。

wordpress_twitter3

ユーザーウィジェットを作成します。

今回貼り付けるのはタイムラインですので「ユーザータイムライン」を選択(デフォルトで選択されています)、内容を入力していきます。

  1. ユーザー名を入力します。通常はデフォルトで入力されていると思います。
  2. @(アットマーク)付きツイートを除外するかどうか選択できます。
  3. 埋め込むタイムライン全体の高さが指定できます。
  4. テーマを「明るい」または「暗い」から選択できます。
  5. リンクの色を選択できます。

入力が完了したら「ウィジェットを作成」をクリックします。

wordpress_twitter4

埋め込み用のコードが表示されるのでコピーします。

2.ブログに貼り付ける

今回はWordPressで運用しているこのサイトのサイドバーにタイムラインを埋め込んでみます。

wordpress_twitter5

まずはWordPressの管理画面左側のメニューバーから「外観」→「ウィジェット」を選択。

wordpress_twitter6

「利用できるウィジェット」の中から「テキスト」をタイムラインを埋め込みたいサイドバーへドラッグ&ドロップし、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

wordpress_twitter7

これでTwitterタイムラインの埋め込みは完了です。サイトを確認してサイドバーにTwitterのタイムラインが埋め込まれているか確認しましょう。

活用

今回はWordPressサイトのサイドバーにユーザータイムラインを埋め込みましたが、WordPress以外のブログにも埋め込むことは可能ですし、タイムライン以外にも「いいね」「リスト」「検索」「コレクション」を表示させることが可能です。

目的に応じて最適な活用法を模索してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: WordPress 投稿日:

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。