Google Chromeを丸ごとバックアップする方法

Google Chromeを丸ごとバックアップする方法

Googleアカウントでログイン、同期することでどの端末でもブックマークやパスワード、拡張機能などを共有できるWebブラウザ Google Chrome。しかし拡張機能によってはデータをローカルに保管しているものもあるため、同期しただけでは全ての機能が共有されないこともあります。

私が使用している拡張機能では Speed Dial 2 に登録しているサイト情報はローカルに保管されていたため、同期しただけでは反映されませんでした。こういったデータも含めてバックアップするにはローカルにあるGoogle ChromeのプロファイルフォルダをUSBメモリなどにコピーします。

バックアップ

バックアップを取る際は必ずGoogle Chromeを終了してから行います。

chrome_backup1

ユーザーデータ(プロファイルフォルダ)は Windows Vista / Windows 7 では下記に。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data

Windows XP / Windows 2000 では下記に保存されています。

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data

chrome_backup2

この「User Data」フォルダ内にある「Default」フォルダをバックアップします。

フォルダが見当たらない場合

上記フォルダの上位フォルダである「App Data」フォルダは隠しフォルダになっているため、Windows エクスプローラで設定しなければ表示されません。隠しフォルダを表示する方法については下記のページをご参照ください。

Windowsで隠しフォルダ、隠しファイルを表示する方法

復元

chrome_restoring

まずはChromeを新規インストールし、先ほどの「User Data」フォルダを開きます。Chrome のバージョンがバックアップ時と同じ場合、規に作成された「Default」フォルダを削除してからバックアップした「Default」フォルダをドラッグ&ドロップします。

バージョンが別の場合は削除せずにそのままバックアップした「Default」フォルダをドラッグ&ドロップします。

以上でGoogle Chromeの復元は完了です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。